紀土 / 和歌山



少し前に比べると、ずいぶん改善されてきましたが、まだまだ美味しい日本酒に出会える可能性は少なく、未だに日本酒には、「アルコール臭い」「ツンツンする」といったイメージが蔓延っています。そんな中、次世代にも美味しい日本酒を伝えていきたい。その悪いイメージを一新する、切っ掛けとなるお酒を提案したいと、若き蔵元と若杜氏の二人三脚で、何年にもわたり試行錯誤を繰り返し、酒質を向上させ完成したお酒「紀土-KID-」。その純粋な思いから生まれた「紀土-KID-」は、語るに見合う実力を充分に感じられる逸品です。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

15