志賀高原ビール THE FAR EAST / Barrel Aged Imperial House IPA 330ml (冷蔵)

志賀高原ビール THE FAR EAST / Barrel Aged Imperial House IPA 330ml (冷蔵)

販売価格: 1,199円(税別)

(税込: 1,319円)

★★★冷蔵便(クール)★★★代が必要になります。

在庫数 8点
数量:

THE FAR EAST / Barrel Aged Imperial House IPA!

前回のが2022年12月リリースだったので、1年以上間があいちゃってました。

数えたら、今回で10度目のリリースです。

ある意味、志賀高原ビールを代表する超人気商品。

"アフリカからインドも越えて、極東までいっちゃう、ってくらい強力な IPA"を、さらに、イチローズモルトさんの樽で長期にわたって熟成した特別なビールです。

今回は、樽での熟成期間で、82ヶ月、68ヶ月、60ヶ月、39ヶ月、24ヶ月、12ヶ月、10ヶ月の5種、10樽のブレンド。

本数も勘案して加重平均すると33ヶ月です。

一番古い樽なんか、そのままの姿を飲んで欲しかったりもしたのですが、心を鬼にしてブレンドしました。

それでも、確実に味に貢献してくれてると思います。

実測した結果、今回はなんと16.0%です。

イチローズモルトさん由来のウイスキー感はしっかりあるのですが、ビール自体の主張がそれに負けていないのが、THE FAR EAST。

色は濃い目の琥珀色。

度数は高いのですが、アルコールの尖った印象はあまり感じずいろんな要素が調和した仕上がり。

今回は、あえて若め(といっても12ヶ月と10ヶ月)の樽もやや多めにブレンドしたことにより、ホップの華やかさがプラスされ、より華やかな感じに仕上がったと思っています

紹興酒やシェリーみたいな熟成香はほとんど感じません。

うまく表現できないのですが、「濃」いけどフルーティー。

いつもの、イチジクや杏のドライフルーツ的な印象に、フレッシュな赤いオレンジのような柑橘のニュアンス。

もちろん、樽由来のキャラメルを思わせるようなトースト香も。

こんな度数のビールだと普通はかなりトロっと甘い感じになると思うのですが、ホップの苦味もあって、液体の粘度は感じつつも、飲み口は意外にもクリーンで、ドライっていってもいいくらいだったりします。

フィニッシュに、しっかりとしたウィスキー感を感じます。


THE FAR EAST は、毎回が一期一会です。


かなり思い入れの強いやつ。


是非飲んでみてほしいやつです。



アルコール度数 : 16.0%

ビアスタイル : バレルエイジド・トリプルIPA

Facebookコメント