仙禽 せんきん /栃木



日本酒の未来が見える進化する銘酒「仙禽」

「仙禽(せんきん)」とは神に仕える鳥 「鶴(つる)」のこと。ラベルも鶴の姿を模しています。

創業は江戸時代後期1806年。大谷石で建造された印象的な蔵。

さぞ伝統的なお酒を醸すのかと思うと、、、、驚く程に先進的。 

薄井ブラザーズと言われるピッタリ息の合った若兄弟が

既存の枠で日本酒をとらえずに、独自の美学に基づいて設計されたオンリーワンの美酒

幾層もの酸、上質な甘み、それをより際立たせるフルーティーな香りとバランスの調和した風味

飲んだ瞬間にビビッと衝撃が走りました。 

木桶仕込み・甘酸っぱいフレッシュ・ワイン酵母など 派手なことが目立ちがちですが、見据えているのは未来。

そのため、レベルの上がり方がはんぱないです。

「一麹・二もと・三造り」の重要性は当然ながら「ゼロ・原料処理」を追求。

より高次元での衛生管理、日本酒蔵のドメーム化などなど。書き出したら切りが無いほどに。。

今の美味しさで立ち止まること無く、 さらなるブラッシュアップで毎年進化している

まさに、日本酒の未来が見えるお酒「仙禽」いよいよ取り扱い開始です。

皆様、よろしくお願い致します !

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

62